top of page

Vol.4【目に見えない雨漏りに注意!】梅雨前に出来る対策は?



雨漏りと言えば、天井からポタポタと雨が落ちてくる事を想像する方が多いと思います。

しかし実際は、目に見えるほどの雨漏りが急に起きる事は少ないです。

ポタポタと垂れてきたときには、雨漏りの症状がかなり進んでしまっているという場合も…


今回は雨漏りのサインや原因、雨漏り対策をご紹介します。





【要チェック】雨漏りのサインはコレ!

戸建て住宅の雨漏りサイン

□ 天井にシミのような跡がある

□ 天井のクロスが剥がれてきている

□ 天井・壁が歪んでいる様に感じる

□ 壁紙の隅にシミのような跡がある

□ 壁紙の一部が不自然に剥がれてきている

□ 天井や壁に以前は無かったカビが生えている

□ 一部の部屋だけ湿気っぽくカビが生える

□ 窓のフチから壁にかけてシミがある

□ 雨の日に雨音とは別の水滴が垂れる音がする



クロスの剥がれや天井のシミ、カビの発生などを、

室内の湿気による物と思い込んで、しばらく放置してしまう事例も多々あります。


ひとつでも心当たりがある場合、見えない場所で雨漏りが起こっている可能性がありますので

早めに業者へ相談してください。


雨漏りの場合、対処が遅くなるほど補修費用が高くなります。

雨水による腐食が進む前に早めに補修する事が大切です。




屋根だけじゃない!雨漏り箇所

【雨漏りは屋根から】というイメージがありますが、

戸建ての場合、雨漏りをする可能性がある箇所は沢山あります。



屋根

瓦のズレ、ストレート屋根の劣化による亀裂、屋根材の下にある防水シートの劣化

棟板金(屋根頂点部分にある金属板)の浮き、欠損なども雨漏りの原因となります。





外壁

意外かもしれませんが、壁から雨漏りを起こす事もあります。

経年劣化で外壁に亀裂が入り、そこから雨水が侵入するのが主な原因です。





窓のサッシ部分のコーキングや防水テープの劣化で雨が侵入する事があります。

窓のサッシと壁の接続部分にシミがある場合は、結露と見分けがつかない場合もありますが、雨漏りを疑ってください。






ベランダ

排水の詰まりや防水層のひび割れ、窓との境目にあるコーキングの劣化

これらが原因で雨漏りを起こす場合があります。

1階の室内に重なる形で2階に作られたベランダからの雨漏りは特に多い事例です。






梅雨前に出来る対策は?



室内の点検

クロス、天井、窓のサッシ、床と壁の接続部分など普段はよく見ない家の隅々まで点検してみてください。

上記のチェック項目のような症状があれば雨漏りを起こしている可能性があります。

梅雨に入る前に補修できれば劣化を止める事ができます。


外壁の点検

外壁に亀裂が無いか、コーキングに劣化が無いか確認してみて下さい。

気になる点が見つかった場合は外壁塗装業者やリフォーム店などに相談してみて下さい。





雨樋の掃除

雨樋の詰まりが原因で外壁に雨水がかかる事で劣化を起こしている部分から雨水が侵入する可能性があります。

スムーズに排水ができるよう雨樋を掃除しておくと安心です。





屋根の点検

瓦のズレ、劣化による亀裂があっても防水シートのおかげで雨漏りを起こしていないという可能性もあります。

棟板金(屋根頂点部分にある金属板)のある屋根の場合、棟板金に浮きがないか、釘が抜けてきていないかの確認も必要です。

棟板金は金属なので、日光による膨張を繰り返し、とめている釘が築7年あたりから抜け始めます。

3年に1度はプロに屋根を点検してもらう事をおすすめします。



どうでしたか?

今回は住宅の雨漏りについて紹介しました。

室内のカビやシミは湿気だけが原因ではないかもしれません。

チェック項目に少しでも心当たりのある方は一度【雨漏り検査】や【屋根点検】をしてみて下さい。


雨漏りの発見、補修は早ければ早いほど補修費用を抑える事ができます。


梅雨が来る前にチェックしてみてくださいね!




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


雨漏りの相談・雨漏り調査・屋根点検もスター工務店へご相談ください!




スター工務店では、リノベーションなどの大きな工事から、ドアの建付けの調整などの小さなお困り事まで、お家の事なら何でもご相談いただいております!

お気軽にご来店、お問合せください。


スター工務店 狭山ヶ丘駅からすぐ!

〒359-1161

埼玉県所沢市狭山ヶ丘1-2994-5スウィートヒルズ101

TEL:04-2935-4036






Comentarios


bottom of page