top of page

Vol.04 システムキッチンを選ぶ時に決めるパーツ



日常的に使っているキッチンですが、

いざプラン作成になると決めなければいけないパーツが色々とあります。



ショールームで順に説明されても情報量が多すぎて疲れてしまい、

結局よく分からないまま、色だけ好きな物にして帰ってきた。

なんていう話もよく聞きます。



毎日キッチンを使っていても、パーツや素材について考える事はめったにないと思います。

日々同じ流れで使っているため、不便があっても実際は気づかない事がほとんどです。



事前に選ばなければいけないパーツだけでも知っておくと、

アドバイザーの方に説明された時、理解しやすいです。



一般的なシステムキッチンで、プラン作成時に選ぶパーツをご紹介します。


1.ワークトップ(天板)の素材、色合い

2.シンクの素材、色合い、形

3.加熱機器の種類 ガス IH トップの素材

4.グリル(魚焼き)をつけるかどうか

5.レンジフード(換気扇)の種類

6.水栓 浄水器

7.ビルトイン家電 食洗器 オーブン

8.扉の色、素材

9.キャビネットの素材(構造) 木製 ステンレス ホーロー

10. 吊戸棚 その他収納(カップボードなど)


どうでしょうか?


何も知らない状態で、ショールームを1時間程度見学しただけでは、

とても決めきれませんよね。


これが最後は疲れて何でもよくなってしまう原因の一つです。

ですからショールームへ行く前の情報収集はとっても大事です。


ショールームへ行くときには、取り入れたい商品を決めておき、

材質や機能の確認をする段階だと、余裕をもって見学ができます。


工務店さんやリフォーム店さんに確認をして、

ショールーム見学前に大まかなプラン作成をお願いしてみてください。


もちろん、オンディーナへもご相談ください!笑



次回は パーツ選び【ワークトップ編】です!

Comentários


bottom of page