top of page

Vol.8 2022年の夏は暑い!快適に過ごせるリビング作りとは?【暑さ対策リフォーム】



年々気温が上昇していて真夏は40度を超える地域も…

家の中にいても不快感を感じるほどです。


熱中症は外の暑い中で起こすイメージがありますが、実は熱中症で搬送される方の約4割は住居からというデータもあります。




熱はどこから入ってくるの?

エアコンをかけて締め切っているのに、熱はどこから入ってくるのでしょうか?

直射日光の当たる屋根が熱されて家が暑くなるイメージがありませんか?

実は、家の中に伝わってくる熱の約7割が窓・ドアから入っていているのです。

屋根から伝わる熱は1割程度と言われています。





遮熱・断熱対策は窓が大事!!


窓の特徴として、空気の入れ替えができる・光の取りを取り込む、

その他に【熱を通しやすい】という性質があります。

つまり、夏はエアコンの冷気が逃げやすく、外の熱気を取り込みやすいという事。

より熱を通しにくい窓が遮熱・断熱には重要です。

更に窓の位置も重要。

窓の位置関係で風の動線が悪いといくら冷房をかけても湿気が逃げないため、体感温度も不快指数も上がります...



窓のリフォーム件数は意外と少ない?

窓リフォームの割合は住宅リフォームの約5%なんです。

圧倒的に多いのは水まわりリフォームです。


【結露・カビ・ダニ】

【暑い・寒い】

【光熱費が気になる】

この3点は窓リフォームで改善が可能な事例が多いです。


逆を言えば条件の悪い窓を放置して

水まわり取り換えリフォーム・クロス張替

などを行った場合、またすぐにカビが生える場合も…


風の動線が悪い場合は窓の増設も検討しますが、

まずは既存の窓を遮熱・断熱性のある物に変えてみて下さい。

カビや湿気、暑さが気になる家の場合は他の場所をリフォームする前に窓を見直す事をおすすめします。


遮熱性・断熱性のある窓って?

複層ガラス・樹脂フレームの窓が凄い



複層ガラスは2枚のガラスの間に中間層があり、その空気が熱を伝えにくくしてくれます。

更に樹脂のフレームを採用した場合、フレーム自体も熱が伝わりにくくなるため、冬場に結露ができにくく断熱性も高めてくれます。




遮熱効果を高めるには?

サンシェード・オーニングなどの設置

直射日光を窓に当てない事で遮熱効果が更に上がります。

我が家は今年、リビングに接しているバルコニーにサンシェードを設置しました。

スキップフロアでドアが無い、1.5階のリビングと2階が同じ空間という事で真夏はエアコンを26度に設定していましたが、

今年はサンシェードのおかげか、先日の猛暑日も27度設定で快適でした。




断熱工事

天井裏の断熱対策と床断熱・壁断熱

断熱工事は冬に向けた対策のように感じますが、夏はエアコンの冷気を逃しにくくしてくれるため、省エネ対策にもなります。

「2階の一室が暑すぎて夏は使えない」という事例が意外と多くありますが、そんな場合は窓を遮熱効果がある物に取り替えて天井裏に断熱材を入れると高い効果を発揮します。




ポイント
外から伝わる熱の7割は窓・ドアから侵入している!
窓が悪いと湿気がこもり結露・カビの原因に...
2階が暑い場合は天井裏断熱がおすすめ


どうでしたか?

意外と知られていない窓の重要性。

クロス張替や水まわりリフォームを検討されている方は窓も一緒にチェックする事をおすすめします。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


遮熱・断熱工事、窓リフォームもスター工務店へご相談ください!




スター工務店では、リノベーションなどの大きな工事から、ドアの建付けの調整などの小さなお困り事まで、お家の事なら何でもご相談いただいております!

お気軽にご来店、お問合せください。


スター工務店 狭山ヶ丘駅からすぐ!

〒359-1161

埼玉県所沢市狭山ヶ丘1-2994-5スウィートヒルズ101

TEL:04-2935-4036














Comentários


bottom of page